【新築祝いのマナー】現金や商品券がベスト!金額の相場は?家電はNGも

新築で家を建てるということは、人生において1番高い買い物と言っても過言ではないでしょう。

親しい関係であれば、快く祝ってあげたい気持ちになることでしょう。

ところで、新築祝いで現金を渡したいときって、いくら包めばいいのか悩みませんか?

ここでは新築祝いのマナーについて、NGな贈り物も含めてお伝えしていきます。



新築祝いは現金や商品券がベスト!金額の相場は?

新築を建てたばかりは、何かと慌ただしいこともあり物のプレゼントよりも現金や商品券などが喜ばれることが多い。

物だと誰かと被ってしまったり持っていたりする可能性もありますが、現金であれば足りない物を買いそろえるための資金として使えますからね。

渡す際には「何を贈ればいいのか迷ってしまいまして・・・」「誰かと被ってしまっては申し訳ないので・・・」など、一言添えておくと、相手も快く受け取りやすい。

気になる金額の相場はこちら。

関係性 金額の相場
友人 5,000円~1万円
会社の同僚 5,000円~1万円
兄弟(姉妹) 1万円~3万円
両親 1万円~10万円
親戚 5,000円~3万円

新築祝の表書き


出典:セレプレ

新築祝いの表書きは

・御祝
・祝御新築
・新築御祝
・御新築祝
・御新築御祝

などと書き、水引は紅白の蝶結びのし付のものを選ぶようにします。

御祝儀袋の包み方は、下側が上になるように畳みます

これは、おめでたい出来事を祝う場合の包み方で、お葬式などの不祝儀の香典などは上側が上になるようにするのが決まりとなっているので、間違わないように要注意。



新築祝いにNGな家電

現金や商品券を贈るのに抵抗がある人や、サプライズとして物を贈りたいという場合も注意してください。

新築ですぐに使える家電や持っていなかった物を贈られればうれしいものですが、NGなものもあるので覚えておきたい。

NG家電の例
・ガスコンロ
・カセットコンロ
・ストーブ
・ヒーター
・ガスバーナー
・ガスランタン

などなど。

これらは、火を連想させる物であり、新築祝いには縁起が悪い物とされています。

普段から使うアイテムを贈るのであれば好みもあるので、相手と親しい間柄であれば事前に欲しい物を聞いておいたほうが良いでしょう。

そこまで親しい関係性でない場合は、現金か商品券にしておくのが無難です。

近年、新築祝いで定番となっているのは、時計や花瓶などのインテリア関係や観葉植物、鉢植えの花などとなっていますので参考までに。

また、新築祝いに招かれた場合は、お菓子や花などを手土産として持参するのがマナーとされています。

新築祝いのお返し

お祝いをいただいた側は、お返しをするのがマナーですが、こちらも何を贈れば良いのか迷いますよね。

しかし、新築祝いに参加してくれた人に対しては、新築披露や新築祝いでおもてなしをすること自体がお返しの意味が込められているので必要はありません。

お返しが必要なのは、お招きできなかった方となります。

基本的にお返しする金額は、いただいた金額の1/3~半分が相場で、食品や消耗品を添えて贈ればOKです。

贈る時期は、住み始めて1~2ヶ月後の落ち着き始めた時が目安となります。

表書き(のし付)
・新築内祝
・内祝

新婚の場合は、下段に連名(右側に夫、左側に妻)で書くようにしても良い。

水引は紅白の蝶結びで、畳み方も下側が重ねたときに上に来るようにします。

新築に強引に押しかけてはダメ

新築が完成したという情報を聞いたからと言って、勝手に押しかけるのはNGです。

正式に招かれたのであればいいですが、相手のペースというものがあるので控えましょう。

荷物の整理や新築祝いの準備、家具などの買い物などやることはたくさんあります。

そんな時に強引に来られてもただただ迷惑なだけ。

もし、新築祝いに招かれなかったのであれば、1~2ヶ月後に伺うのがマナーというものです。

とりあえず家を褒めておく

招かれた場合は、とりあえず家を褒めておきましょう

外観や内装、間取りや日当たり、街の環境など、興味がなくても褒めてあげ、こだわりの自慢話を聞いてあげるのも大人としての配慮です。

家主が気持ちよくみんなと過ごせることが何より大切なのです。

ということで、細かくいろんなところを見たい気持ちは分かりますが、我慢するように。

いくらかかったのか、ローンは何年かといったお金にまつわる質問は失礼にあたるので、厳禁ですよ。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓


まとめ

新築祝いでは、その人との関係性でお祝い金の相場が変わってくるので覚えておきたいところ。

また、家に招かれたら欠点を探すのではなく、良いところを見つけて褒めるように心がけます。

贈り物にはタブーの物もあるので、十分に注意して快く祝ってあげるようにしましょう。




シェアする

フォローする