【食事のマナー】取引先相手と喫茶店・おごるおごられるの基準は?

取引先の人と打ち合わせが喫茶店で行われた場合のどちらがおごるのか問題。

ちょっとした駆け引きのようなことになってしまい、毎回どうしたらいいのか迷うってしまうという人もいるのではないでしょうか。

食事のマナーとして、取引先相手と喫茶店でおごるおごられるの基準について紹介していきます。



取引先相手と喫茶店・おごるおごられるの基準は?

CHECK
・喫茶店での打ち合わせでは、誘った人が支払う
・伝票は手元に引き寄せる

取引先の人と喫茶店で打ち合わせでの会計は、基本的に打ち合わせに誘った側の人が支払いを請け負うのが一般的です。

そのお店で打ち合わせをしましょうと決めたのだから、来てもらった人に支払わせるのはいかがなものか。

席に着いたら先に「何になさいますか?」などと注文を誘導してあげれば、こちらが払うという意思も伝わるでしょう。

とはいえ、相手も自分で支払う気でいると思いますので、伝票が来たら自分が手にとってこちらで支払うということをさりげなくアピールしてしまいましょう。

取引先におごられる時のマナー

逆に、相手のセッティングでの打ち合わせでの軽い食事ではおごってもらうこともありますよね。最初からおごってもらえると分かっていても当然だと思わないこと。

というよりは、表情や態度に出さないように心がけておきます。「申し訳ありません」と反応するなど、演技でもいいのでとりあえず恐縮しているということを伝えるのがマナー。

お店を出たらきちんと「ごちそうさまでした」とお礼を言っておくのも忘れずに。



取引先におごられないコツ

では、取引先の相手と予定してない食事会が開かれることになったらどうすればいいのか。打ち合わせ終わりで、これから行きましょうか!なんて言うことも時にはありますよね。

おごられるということは、相手に借りを作ってしまうことでもあるので、せめて割り勘にしておきたいことも。

そんな時、おごられないようにするコツは、先に伝票を受け取ってしまうこと。もしくは、店員にお会計を申し出てしまえば空気的にはおごられにくくなります。

それでも、相手がおごりたいと言ってきた場は、ちょっとした押し問答をしながらも最後は引き下がりおごってもらうしかないでしょう。

そうならないためも、お店に入る前に割り勘にするということを先に提案しておくようにしておきます。

会社間のおごるおごられるは、貸し借りができたり領収書を切ったりしなくてはいけないので面倒です。相手に主導権を握られないように、先手を取ってうまく誘導していくと良い。

取引先の相手が年長者の時は引き下がる

とはいえ、相手が明らかに自分よりも年配で、取引先の会社でも役職に就いているような人との食事では、引き下がっておごってもらったほうがいい場合も。

もちろん基本は誘った方が支払いますが、相手にも年長者としてのプライドがあるでしょうし、どうしても支払いたいというのであれば甘えておきましょう。

この時も、お店を出たらお礼をきちんとしておきましょう。

さらに、会計時にはレジの前などで一緒に支払いの光景や領収書をもらっている姿を見たりせず、少し離れておくか一言断って外に出るかしておくのもマナーです。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓



まとめ

取引先の人との打ち合わせでの食事は、誘った側が会計をするのが基本です。

どうしても相手が折れない場合は、引き下がりますが、2軒目や次回の食事などでお返しするようにします。

こういった貸し借りがわずらわしいのであれば、先手必勝で相手をコントロールして支払うように誘導しよう。