【電車のマナー】リュック・音楽・傘・化粧・飲食・ゴミ・・・迷惑行為一覧

通勤、旅行、遊びなど、様々なシーンで利用することが多い電車。

電車に乗っていて迷惑な客と一緒になった、もしくは隣になってしまったなんてことありますよね。

もしかしたら、気づかないうちに自分も迷惑な客になっているかも!?

そうならないためにも、電車での迷惑行為をまとめて見たので、ハッとした方は改善していきましょう。



電車のマナー|迷惑行為一覧の紹介


出典:東洋経済オンライン

電車では日々、迷惑な行為というものが見受けられます。

自分では迷惑になっていないと思っている人がほとんどのように思われ、そのため注意されると怒り出すのだろう。

なかには、わざとやっているんじゃないかと思える人も少なくはない。

正直、どんな人生を送ったら人に迷惑をかけていても平気なのか気になるところです。

あくまで電車は公共の乗り物であって、誰もが利用する権利があります。

自分が気持ちよく乗るだけでいいわけはなく、利用する全ての人のことを考えて行動することが大切なのです。

迷惑な態度

迷惑な態度というのは様々ありますが、どんなものが思い当たりますか?

夏の満員電車で汗だくな人、ニオイがとてつもない人、わざとぶつかってくる人、足を踏んでくる人・・・などなど、言いだしたら限りなく出てきてしまうのではないでしょうか。

ここでは、そのなかでもやってしまいがちな定番の迷惑な姿勢3つについて見ていきます。

・大股を開く
・脚を組む
・膝を突き出す

大股を開く

電車に座っている人のなかには、大股を開いて隣の人のエリアにまで侵入している人がいます。隣の人は仕方なく、縮こまって座らなくてはいけなくなるので迷惑ですよね。

混んでいてもお構いなしで、隣が空いていたとしても座れないくらいはみ出す人もいる。

オラオラ系で見た目がヤンチャで、オレ最強と言わんばかりの人が多い印象でしょうか。そして、以外と多いのが高齢層の男性なんですよね。

股関節を閉じる筋力が衰えてしまっているのか、「オレ最強さん」よりもかなりがに股で攻めてきます。何十年とそのスタイルで生きてきているので、悪いとは感じていないと思われるので、実はこっちのタイプの方がキツかったりします。

脚を組む

ついついやってしまいがちなのが、脚を組む姿勢。大股のように隣に攻めはしませんが、通路側に飛び出るので歩く人に当たってしまうことも。

目の前に立っている人がいても組んでいる人は特に非常識で、自分が邪魔だということが分かっていないこともあるんですよね。

脚が長くてちゃんと組めるのであればまだ良いですが、最悪なのは足を反対の膝やももに載せるのが精一杯の人。この場合は、上げてる脚の膝がとなりに攻めまくりますし、見ていてただただダサい。

脚を組めないことを多くの人にアピールしているようにしか見えないですし、たいていこのパターンも「オレ最強さん」。

膝を突き出す

座っている姿勢が悪いために、膝がかなり前に突きだしているタイプ。しっかり深く腰掛けていても、背が高くて脚が長いだけの人であれば仕方ありませんが、そうでないのであればやはりただの迷惑行為です。

膝が前に突き出ていれば、目の前に立っている人は吊り輪の下にいることができない場合もありますよね。

満員電車であれば、立っている人は体勢が崩れてしまうので危険でもあります。揺られた勢いで足を踏んでしまうかもしれないですし、トラブルにもなってしまうでしょう。

基本的に迷惑行為をしているという実感がないため、足を踏んでしまった人は一方的に言い寄られると思われます。なんたって、こういた態度の人のほとんどが「オレ最強さん」ですからね。



荷物が邪魔


出典:にしてつモニたす

「オレ最強さん」の話はいったんこの辺にして、次は荷物が邪魔という話。

電車が混んできたら、できるだけ多くの人が座れるように配慮する必要があります。空いていたからといって、座っている席の隣に荷物を置いている人をよく見かけますよね。

その荷物のところに一人座れるのに、周りに気が回らないためによけようとはしない人。自分だけがよければいいという考えなのでしょうか・・・。

荷物は、膝の上に抱えるか足元に邪魔にならないように置く、もしくは網棚を利用するのが当然のマナーです。

よく見かける人の傾向としては、年配マダムたちの買い物帰りが多いでしょうか。

リュック

近年はアウトドアブームの影響からなのか、リュックを身につける人も増えましたよね。しかし、背負ったまま電車に乗ってくる人ってスペース取り過ぎて邪魔じゃないですか?

基本的に、リュックは背中からお腹側に持ってくるのがマナーです。まず、リュックを背負った状態で、どれだけ後ろ側に飛び出ているのか把握しておく必要があります。

もし、ちょっと狭めのお店に入ったとして、リュックでガラスや陶器などを落としてしまったどうするつもりなのでしょうか・・・。

リュックが邪魔になるのは、わざとではないことが多いので自分が迷惑だと気づいていないことが多い。背中のことなので、嫌な顔されても見えない。トラブルになる前にしっかりとお腹側に持って行きましょう。

邪魔リュックは10代~20代に多く気にする様子もあまり見せない人も。テニス部のラケット用バッグのデカさでもそのまま背負っている学生なんかは下ろしてもいいのでスペースを小さく使うことを心がけたいですね。

ショルダーバッグ

ショルダーバッグもリュックと同じくらいにスペースを取るので、普段から使っている人は周りに気を遣ってほしいものです。

これは、サラリーマンと野球部の学生に多く見られます。

サラリーマンのショルダーバッグは丈夫な素材で作られているので、パンパンに膨れあがっていると邪魔なだけではなくぶつかってしむと痛い。

混んでいて、強引に人の間を通らないと降りられない時に遭遇したら、引っかかって痛いなんてもんじゃありません。まさに凶器、まさに鈍器と呼ぶにふさわしいものです。

もちろん、しっかりと邪魔にならないようにお腹の前に持ってきている人もいますが、迷惑になっていると気づけない人に限ってパンパンなんですよね。いったい何が入っているのでしょうか・・・!?

野球部の場合は、ショルダーバッグい荷物が多く入ってるためやはりぶつかると非常に痛い。そして、汚れていることが多いので、白い服ではぶつかりたくないものです。

できれるだけ端っこの空いているスペースに陣取るか、網棚を利用するくらいのマナーは守ってほしいもの。

何も、ショルダーバッグが悪いと言っているのではなく、迷惑にならないようにする配慮が大切ですよという話。



漏れる音楽

移動中に音楽を聴いている人はかなり多い印象ですが、イヤホンやヘッドホンで聴いているため周りに漏れていることに気がついていないことが多い。というより、そもそも気にしないのかもしれない。

音楽が漏れている人は、周りの人もその音楽サイコーと思っているのか、恥ずかしげもなく大音量で流しています。

音楽にはまったく罪はありませんが、そういった人のせいであまりいい音楽とは思えなくなってしまうのでは?

つまり、オレの聴いている音楽は人に不快感を与える力がある!と宣伝しているようなもの。

基本的に音漏れしている人は、迷惑になってないんだから別にいいじゃんと思っているのでやっかいなのである。

濡れた傘

雨で濡れたビニール傘の扱い方には注意しておきたい。

よく経験するのが、電車で座っていると目の前に傘を持った人が来た際、その濡れた傘からしたたり落ちる水滴が膝下にかかりズボンが濡れるというもの。

傘を持っていることを忘れているのか、持ち手の「J」の部分を手首にかけているんですよね。そうやって持つと、自然と斜め前に突き出て座っている人にぶつかったり濡らしたりしてしまうのです。

相手に傘を当ててしまっていることにすら気がつかない人が多く、「きっと普段から周りが見えなくて、気を遣えない人なんだな」と思ってしまう。

傘を持つのであれば垂直にするか、カバーのある傘や折りたたみ傘を使用してほしいものです。

ちなみに、傘で誰かを濡らしている人は、30代~50代の女性2人組が多いような印象です。

また、歩く際の傘の持ち方にも注意。垂直に下ろして持つのであればいいですが、逆手で持って腕を振る度に傘の先が後ろにいくような歩き方は絶対的にNGです。

ちょうど子供の目線近くの高さになるので、後ろに子供がいたら大怪我になりかねません。怪我してからでは遅いので、普段から周りに気を配れるようにしておきましょう。



堂々たる化粧

これは言うまでもなく、電車にでの化粧はみっともないの一言ですね。

これも迷惑をかけていないと思ってやっているでしょうけど、目の前や隣でやられたら迷惑そのものですよね。

他人の化粧を0から見たいという人は、マニアックな人を除けばいないでしょう。

そもそも、通勤や外出が決まっているのに、家で化粧をする時間が取れなかったのであれば問題です。わたしは普段からガサツでだらしない人なのだとアピールしているだけにしか思えない。



車内での飲食・香水・ゴミの放置

電車の中でハンバーガーやポテト、おにぎりなどを食べている人がいますが、これもマナー違反。ものによってはニオイが車両に充満しますし、全ての人がそのニオイが平気というものでもありません

これは、香水も同じであまりにもキツいと鼻がもげる思いになることも。オシャレでつけていて、さぞご満悦なのかもしれませんが、「いい香り」ではなく「悪臭」と捉える人もいることを認識してもらいたい。

電車内で、食べたりお酒を飲んだりした後に、出たゴミを放置する人も多い。駅を清掃してくれる方が回収してくれるからなのか、持ち帰らない。

電車を降りればホームにゴミ箱があるのにそれすらしないヤツは、きっと街中でもポイ捨てして環境の悪化の手助けをしているのでしょう。

空き缶も座席の下にそっと置いてあとは知らんぷり。揺れで倒れて、車内を転がって行ったり来たりということも。さらには少し残っていて床がビショビショのベタベタに。

あとは、飲み過ぎたからといって電車内やホームで吐いたり寝っ転がっている人は、問題外ですね。

隙だらけの寝姿

疲れている時には、電車の中で寝てしまうこともありますよね。起きられずに降り過ごしてしまったなんて多くの人が経験しているのではないでしょうか?

とはいえ、迷惑な寝方をしている人もいるので、その仲間にならないように注意しましょう。

上を向いて口ポカーンと開けたまま寝ているのはみっともなく恥ずかしいスタイル。

また、隣の人の肩にもたれかかったり、3人分くらい陣取って寝転んだりする人まで。

寝るのは悪くないですが、周りに迷惑かけないように寝るようにしましょう。

そして、寝るということは隙だらけになってしまうのでスリに気をつけてくださいね。

電車で怒る謎な人

電車では、なぜか気が大きくなって理不尽に怒る人がいるんですよね。

これは、スーツ姿の年配の人が多い印象です。

普段、仕事で上司に怒られたり若手に嫌われたりしていて、電車でうっぷんを晴らしているんだろうなと想像ができてしまいますね。

自分の前に人がいれば当たってきて因縁をつけてきて、混んでいて出にくい場合も強引にぶつかる。

相手もケンカ腰になってきたら、来ないのを分かっていて「降りてこいよ」「かかってこいよ」と言うんですよね。

そこで、久々登場「オレ最強さん」に因縁つけちゃったらどうするんでしょうかね・・・って思っちゃうんですが。

新幹線のシートや臭い足

新幹線で誰もが気分良く過ごすためには、最低限のコミュニケーションはしたいもの。シートを倒すのであれば勝手にやるのではなく、後ろの人に一言断ってからにするべきです。

こんな当たり前のことをできない人も多く、そういう人は自分にやられると怒り出すんですよね。

さらに、新幹線で靴を脱ぐ人がいますが、足のニオイが漂うこともあるので気をつけてもらいたいもの。

靴を脱いだ足を、前の席の肘掛けのほうに伸ばして、悪臭を直でかがせる人も。

周りに注意してくれる人がいなかった、もしくは、注意できる雰囲気にさせなかったという生き方をしてきたのでしょう。

公共の場で、自分のこと以外考えないような人とは、一緒にいても何一つ良いことはないので付き合い方も変えた方が無難かと・・・。

まとめ

電車では、わざとやっている人から気づかないうちに迷惑をかけているひとまで、様々な人がいます。

自分の知り合いがいない状況で態度がでかかったり気がつけない人は、仕事や友達付き合いでも出てしまいますし、嫌われること間違いなしでしょう。

もし、仲の良い人がこのような態度でいるようであれば注意してあげて、直らないようであれば関係性を考え直した方が自分のためにもなると思いますよ。





シェアする

フォローする