【会社でのマナー】話すときの目線や人の紹介の仕方は?服装の乱れは隠れて直す

ビジネスマナーの基本的なものが完璧にこなせるようになったら、細かい所作にまで気を配り優秀なビジネスパーソンを目指しましょう。

あいさつや振る舞いで、相手に失礼にならないように配慮するのは当たり前のこと。

それだけではもの足りないといった方には、さらにワンランク上のマナーを紹介します。



話すときの目線のマナー

人と話すときには、「目を見て話す」とよく言いますが、見過ぎるのはマナー違反。長く目を合わせすぎると威圧感を与えてしまい、かえって失礼になってしまいます。

では、目線のマナーってどうすればいいのでしょうか?

まったく目を合わせないのは、誠実さが伝わりませんので目を合わせつつ顔付近を見る。首元、鼻、顔全体とマナー本では様々な意見がありますが、どれも顔付近ということで一致しています。

ただし、キョロキョロし過ぎると落ち着きがなく自信がないように思われてしまうので、ゆっくり目線を動かすといいでしょう。

アメリカのビジネスにおいても、ネクタイの結び目を見るのが一般的とされているとのことで、見つめすぎというのはやはり違和感を持たれやすいと言えます。

人を紹介するときは手のひらを上に

付き合いのある社外の人に、上司から紹介されたり、後輩を紹介したりしますよね。そんなとき、「こちらは○○です」と言うことになると思いますが、手はどのようにしていますか?

人を紹介するときは、手のひらを上にして指を伸ばしておくのがマナー。

また、人だけではなく、席を案内する際に「こちらへどうぞ」といった場合にもやはり手を上に向ける。

「お先にどうぞ」と譲る場合も同様で、これならば相手も気持ちよく過ごすことができるでしょう。

間違っても、やる気なさそうにだらっとしてしまうのはNG。基本は、相手に不快な思いをさせないこと、気持ちを込めて行動すること。



前を横切るときは必ず一言

自分の他の人が話し込んでいる場面で、その前を横切らなくてはいけないシーンもあるかと思います。後ろに回り込めれば問題ありませんが、狭い場所であれば仕方がありませんよね。

そんなとき、無言で横切ったことはありませんか?

年配の方で、手刀のようにして上下に手を振り横切る人がいますが、これは微妙なところ。無言よりはいいけど・・・といったところでしょうか。

常識的な人間であれば、「失礼いたします」と一言口にして横切るようにしましょう。



物を渡すときは両手で

物を渡すときには両手を使うと、より丁寧な印象となります。

普段友人に物を渡したりもらったりする際に、投げることもあるでしょう。しかし、会社の中でそんなことをしては周りに迷惑がかかってしまいますよね。

片手でも、物を相手に渡すことはできますが、偉そうな態度と見られてしまう。特に上司や先輩に対して資料を片手で渡すと、生意気な印象になりませんか?

普段から両手で丁寧に渡すクセを付けておくと、いざというときに不快な思いをさせずに済みますよ。

片手だと、物自体もぞんざいに扱うといった印象を持たれますので、必ず両手を心がけましょう。

服装は隠れて直そう

外回りの営業や、訪問するときには、服装がどうしても乱れてしまいますよね。だからといって、相手と会ってから服装の乱れを直すのはNG。

まず、受付やインターホンを押す前に、服装のチェックをするようにしましょう。乱れていなければそのままでいいですが、乱れていた場合は人が見ていないところで直すのがマナー

ワイシャツの裾が外に出ているのを直すのを、誰かが見ていたら恥ずかしいですし、見る側は不快に思でしょう。靴下を上げる姿も、あまりいい光景ではありません。

股間のファスナーが開いているなんてもってのほかなので、服装のチェックは欠かさず行いたいものです。これは、本来同僚に対しても同様で、できれば隠れて直すようにしたい。

とはいえ、時間がない場合は仕方なく隠れて直せないかもしれませんが、そもそもギリギリに到着したことを改善すべきですね。

まとめ

ビジネスマナーにおいて、ちょっとしたことが大事なことだったりします。

普段から心がけておかなければ、つい間違ったやり方で接してしまいかねません。

当たり前のようにできるようになれば、周りの人からも一目を置かれるビジネスパーソンになれるかもしれませんよ。





シェアする

フォローする