【言葉づかいのマナー】若手社員がやる気をなくす言い方や自慢はNG

この記事は、若手社員の気持ちが分からないという、ある程度キャリアを積んだ上司や先輩にあたる方に向けたものになります。

失敗ばかりで仕事を覚えない若手社員に対して、こんな言い方はNGですよということについてお話していきます。

怒ってばかりの毎日を過ごしている上司や先輩のみなさん、一度自分の態度を見直してみませんか?



若手社員がやる気をなくす言い方

若手が社員がやる気をなくす上司や先輩社員の言い方というのをいくつか紹介します。

上司は失敗続きの部下に対してどんな言い方や態度をとっていますか?

対応を間違えると、あなたを慕ってくれる部下はいなくなってしまう可能性があるので注意しておきたいところです。

若手の意見を頭ごなしに否定しない

CHECK
・馬鹿にしない
・失敗に対しては丁寧に説明してあげる

若手社員は、仕事で失敗することもベテラン社員に比べると多く、上司としてもイライラしてしまいがち。お願いしていたことに対して、若手社員が疑問を持ったとしましょう。

そんな時は質問をするのがマナーというものですが、「そんなものも分からないのか」と言われてしまえば次からは質問したくなりますよね。

質問しなければ、今度はそのことに対して怒らなければいけなくなります。質問内容がいくらたいしたことないものでも、丁寧に説明し理解してもらうのがいい。

あなたの説明が雑で下手だから理解できないのかもしれません。

そんなことを気にしているのであれば手を動かせ!なんて思ってはいませんか?

あなたが気づかないだけで、その若手社員はイラッときているかもしれませんよ。見下されたと思った若手社員は、あなたのことを尊敬することはないでしょう。

人間関係というのものは、壊すのは簡単であっても築いていくには長い時間が必要となりますし、もし言い合いになってしまったら部下が辞めてしまうこともあります。

あなたが、一人の人生を狂わせてしまったとも言えるので、注意しておきたい。

不満そうな若手社員の顔を怒らない

CHECK
・不満そうな顔に対して文句を言わない
・冷静になる

あなたが部下に対して注意しているときに、部下の顔が明らかに不満そうに見える。

今度はそれに対しての怒りを部下にぶつけていませんか?

「何か不満でもあるのか、そんな顔して!」
「その顔はどういうつもりだ!」

そんなことを言ってしまえば、余計あなたに言いたいことが言えなくなってしまいますよ。よく考えてみてください、これってパワハラですよね。

そりゃあ、部下だって人間ですからそんなこと言われたらやる気なくしますよ。

じゃあお前がやれよ・・・
じゃあやらないけどいいっすか?・・・
じゃあ明日で会社辞めます・・・

あなたの一言がきっかけでこんなこと言ってきたらそれこそ大問題。

もし顔に対して注意したいのであれば、まず丁寧に失敗について注意し、その後に補足として冷静に言ってあげればいい。



失敗した若手社員を傷つけない

CHECK
・見下さない

先ほどと重複してしまうのですが、失敗した若手社員を頭ごなしに怒るのはNGですよ。

もし、冷静に言葉をかけるにしても言い方によっては見下しているように聞こえる場合もあるので注意。

「こうなると思っていたよ」
「俺ならそんなことはしないけど・・・なぜできないんだ」
「はぁ(溜息)」
「ったく、どうしてこうなるんだ」

あなたが新人だった頃、そんなことを言ってきた先輩のことを尊敬できましたか?

それと同じで、話したくもないと思っちゃいますよ。

相手の立場になって気持ちを考えることができないのであれば、責任ある立場には向いていないのかもしれません。

自分の若い頃を自慢しない

CHECK
・自慢や武勇伝は嫌われる
・話している本人以外はつまらない

よくありがちなのが、後輩や部下に昔の武勇伝のような自慢をしまうこと。

「今どきの若いもんは」
「俺が若かった頃は・・・」

こんな言葉をよく耳にしませんか?

これが出てしまったら注意が必要です。

昔の自慢話なんて誰も聞きたくありませんし、自分に酔っているだけということに気付くべき。

そりゃあ、昔の社会においては意味のある話なのかもしれませんが、たいてい時代にそぐわない内容が多い。

こんなんじゃあ、空気が読めないダメ上司と思われても仕方がありませんよね。それでいて、部下には厳しく怒るんですから、周りはたまったもんじゃありませんよ。

まとめ

若手社員の早期退職が増えている理由の一つに、パワハラ問題や人間関係が嫌だというものがあります。

それを助長しているのは、若手のやる気をなくさせている発言かもしれません。

もし、若手社員への接し方で困っているのであれば、少しでも意識してみることで、あなたのことを慕ってくれる後輩や部下が増えるかもしれませんよ。