【言葉づかいのマナー】話し掛ける時はタイミングが重要という話

会社に入って間もない時期には、先輩社員や上司に話しかけるのを苦手に思う方もいることでしょう。

同じ部署の同僚や直属の上司とは話さないわけにもいかないので、悩ましいものですよね。

そんな時に注意しておきたいのは、話しかけるタイミングと言いだしの言葉です。



話し掛ける時はタイミングが重要

CHECK
・自己中心な行動はNG

仕事をしていれば、自分のなかでも何かいい企画が生まれるもの。

すぐにでも先輩や上司に伝えたくなるものですが、気をつけたいのがタイミングです。まずは、報告する相手の状況を確認してから報告するようにします。

もしかすると作業に追われていてまともに聞いてもらえる状況にないかもしれません。手が空いていて平気そうであればもちろんOKですが、タイミングは重要です。

自己中心的な考え方をするのではなく、空気を読むのも大切ということなんですよね。

また、内容によっては、他の社員がいないほうがいいこともあるでしょうし、何人かで集まった時に言うべきかもしれない。

もし、自分勝手に伝えるだけ伝えるという行動をしてしまったら、いくらいい提案だとしても注意を受けてしまう可能性も。

常に相手の事を考えた上でどのように行動するのかがポイントですよ。

事前に準備

CHECK
・引き延ばさない
・簡潔に伝えられるように
・事前に準備しておく

相手の状況を見ながら声を掛けるのがマナーだと述べましたが、あまりにも報告が遅くなってしまうのはよくない。

そのためには、短い時間で簡潔に述べるように心がけよう。

事前にまとめ、グダグダと長引かないようにします。

「5分ほどお時間いただけますでしょうか?」

などと最初に言って断っておけば、時間を取ってもらいやすい。

普段から報告・連絡・相談のホウレンソウをしっかりしておくことも大切で、信頼関係を気づいておくことがポイントです。



急な「すみません」はマナー違反

CHECK
・急に「すみません」はNG

人に声を掛ける際に、「すみません」といって切り出す人がいますがこれはマナー違反

これは、会社だけの話ではなく、生活している上で人に話しかける時全般に当てはまります。

例えば、道を聞きたいときにいきなり「すみません!」と言われれば警戒してしまうことも考えられます。

では、なんて言えばいいのかということになりますが、「すみません」が悪いわけではありません。声を掛ける前に相手の目を見て、目が合ったら会釈してから声を掛けるのです。

アイコンタクトをしてからとそうでない場合では、相手からの印象も変わってくるので気を付けておきたい。

まとめ

人に話しかけるときは、タイミングを見計らって行動するように心がける。

自分だけの都合で話しかけてしまっては、煙たがられるだけなので相手も真剣に対応してくけれない恐れもあるので注意しましょう。