【エスカレーターのマナー】乗る順番や上司の場所は?右と左どっちが正解?

上司と一緒に取引先に向かっている時、電車の乗り換えなどでエスカレーターを利用することがあるかと思います。

移動すればいいだけだからといって、何となくエスカレーターに乗ってはいませんか?

エスカレーターにも目上と目下の違いによって、乗る順番や上司の場所というのがあるのをご存じですか?

ここでは、エスカレーターに乗る順番や上司の場所、右と左どちらに寄る必要があるのかなど、マナーについて紹介していきます。



エスカレーターに乗る順番や上司の位置は?

CHECK
・上りは上司が前、下りは上司が後ろ
・目下の人は必ず下になるように

エスカレーターに上司と乗る時には、必ず目下である自分が下の位置になるようにします。もし目上の人がつまづいたりした時に転がってしまわないように受け止めることができるため。

そして、上司よりも上の位置にならないようにして、見下ろさないようにするためでもあります。つまり、上りは上司に先を譲り、下りは自分が先に乗ることになるのです。

もし3人以上となった場合は、真ん中が一番の上座となり、やはり一番目下の自分が下のポジションを取るようにします。

エスカレーターは右に寄る?左に寄る?

プライベートでエスカレーターを利用する際には、右に寄って乗るのか左に寄って乗るのかは地域によって異なってくるので出張などで移動した際には注目して見てください。

基本的に東京であれば左側によって、右側を空けるのが一般的。大阪では反対に、右側に乗って左側を空けることが常識となっています。

慣れない地域の方はつい自分の地元の乗り方をしてしまい、後ろの人に嫌な顔をされた経験もあるのではないでしょうか。

基本的に、東日本と西日本で分かれていると言われていますが、宮城県の仙台市はなぜか大阪スタイルとなっています。特に地下鉄は右に立つ人が多く、JRでは曖昧になっていて、先頭の人に合わせて乗ることが多いとのこと。

とはいえ、実は西日本全部が右に乗るというわけではなく、大阪を中心とした地域のみなんですよね。近くの京都や滋賀などでは右側に乗る人が多めですが大阪ほどではないようですよ。



大阪で右に寄る理由は?

大阪のエスカレータには「左側をお空けください」という張り紙も出されている場合もあり、社会的にもそういった風潮があるんですよね。

なんで、大阪だけ!?って気になりませんか?

左側を空けている理由としては、歩く人のためのようです。

これは、日本中のエスカレーターでも言えることですが、片側を歩くことを想定した文化となっているんです。

ただし、走るのは危険なのでNGということも合わせて注意喚起しています。

大阪で左を空ける理由として

・1970年の大阪万博で左側を空けてくださいというアナウンスが流れた
・世界各国から来場したので、国際基準の交通ルールを基準にして右側通行に

というのが有力な説となっています。

左側を歩く文化は、道路の追い越し車線のような意味合いを持つことになります。

しかし、混雑が激しかった大阪万博では、それどころではなかったとも言われていますが・・・結局真相は分からないのが実情です。

エスカレーターの正しいマナー

先ほどから、右に寄るのか左に乗るのかという話をしてきましたが、そもそも片側を歩く行為はマナー違反とされてます。

日本エレベーター協会では、走るのはもちろんのこと歩くのも危険として注意を促しているのです。エレベータには安全基準というものがあり、これは左右どちらもまんべんなく立ち止まって乗ることで定められています。

手すりにつかまって、黄色い線の内側に立つのが正しい乗り方であって、歩いていては事故の危険性が高まるだけ。止まって乗っている人にもぶつかることもあり、その勢いで転落してしまうことも考えられますよね。

そもそも歩いたからといって数秒しか変わりませんし、それくらい余裕で待てる心のゆとりが大切です。実は、2列にきちんと並んで利用したほうがホームの混雑が減るという検証結果も出ているようで、自分たちで混雑を作り出していたという皮肉なことになっているんです。

さらには、片方だけに多くの人が長年乗り続けてしまうと、劣化や故障する原因になることも。

まずは時間と心に余裕を。急いだり慌てたりしていては行動や考えにミスも生じやすくなりますし、自分だけでなく誰かを巻き込んで怪我させてしまうこともあるので、ゆとりを持って行動したいものですね。

こちらに記事もあわせてどうぞ↓



まとめ

仕事や移動に関するものには、決まって席次(席の順番)というものがあるので覚えておく必要があります。

上司と一緒にエスカレーターに乗って、上から見下ろことがないように注意しましょう。

プライベートでもレディーファーストなどといって、下りで先に行かせていては常識の無さをアピールしているようなものですよ。