手紙・ハガキどっちがいいの?時候の挨拶や年賀欠礼ハガキの出し方

友人との手紙のやり取りはしたことがあるけど、かしこまった手紙やハガキを出したことはないという人も多いのでは?

手紙とハガキってどう使い分ければいいの?

時候の挨拶って何?

年賀欠礼はどうやっていつまでに出せばいい?

など、疑問に思うような項目についてお伝えしていきますね。



手紙・ハガキどっちがいいの?

手紙もハガキも、文章を書いてポストに投函するので同じように思えますよね。

手紙のほうが長文が書けて、ハガキが短めといった印象でしょうか。

それぞれどんな利点があるか、こんな時はNGというケースなどを紹介します。

手紙がいい場合

手紙はハガキと違って、封筒に入れて送るので書いた文章を誰かに読まれる心配がありません

そのため、読まれたくない内容や、より心を込めた内容を書く場合は手紙(封書)のほうがいいでしょう。

お祝い事やお悔やみ、督促状などは短い文になったとしても封書で送るのがマナー。

お世話になっている人への感謝や、礼状なども封書にします。

ハガキがいい場合

ハガキよりも手紙(封書)のほうが丁寧な印象ですが、何もハガキが絶対いけないということでもありません。

簡略されたイメージを持たれる一方で、相手も手紙より受け取りやすいということも。

手紙のような長い文章を送って相手に負担にさせてしまいそうであればハガキにしたほうかかえっていいこともあります。

簡単な近況報告の挨拶や、ちょっとしたお礼であればハガキ向きと言えるでしょう。

ただし、ハガキは誰にでも読まれてしまうことを理解し、書く内容や目的によって使い分けるようにしたいものです。

時候の挨拶

かしこまった挨拶を書いて送る場合、季節に合わせて決まった文言である「時候の挨拶」を冒頭に取り入れるのが一般的です。

漢語調」と「口語調」の2種類あり、基本的に漢語調は2文字の単語で口語調は文章になっています。

以下は、時候の挨拶の例になります。



出典:あいわプリント

ビジネスの手紙などのかしこまった手紙では以下の順で書くのが一般的となります。

①拝啓~敬具
②時候の挨拶
③主文
④結びの言葉


出典:転職Hacks



便せんは1枚でもOK?

手紙を出す際に、便せん1枚でも問題ないのかについてはOKとされています。

1枚しか書かなかった場合は、白紙の便せんを重ねて入れるのが一般的ですが、最近は便せん1枚でも失礼とされていません。

ただし、送る相手が年配の方や、気になる時白紙を一緒に送るようにしたほうがいいかもしれません。

また、段落を変えるなどして、2枚目にまで行き渡るようにしても良い。

形式にとらわれすぎて、自分の伝えたいことをしっかりと書けないといったことは防ぐようにしたいものです。

年賀欠礼ハガキの出し方

身内に不幸があった際に出すのが礼儀とされている、年賀欠礼ハガキ

毎年、年賀状のやり取りをしている人に出すようにしますが、いつも年賀状を出していない人や不幸を知らない人には出す必要はありません。

出すタイミングは、11月中旬以降で、できれば12月上旬には届くようにしておきたい。

年賀状の受付が12月15日となることが多いので、それまでにはお知らせできるようにします。


出典:年賀・暑中見舞いドットコム

ちなみに、浄土真宗では「喪中」「永眠」という概念がないようなので、使わないようです。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓

まとめ

手紙やハガキは、相手に思いが伝わらなければ意味がありません。

礼儀とはいえ、堅苦しい形式ばかりにとらわれてばかりではなく、自分の言葉で伝えるのも大切なことですよ。

時候の挨拶などは、多くてややこしいので書く度に確認しておくと良いかもしれませんね。